乳房温存手術後の乳房の変形は人工乳房で補えます

温存手術をした乳房の上から人工乳房を貼り付けできます

乳房温存手術を受ける方が増えている中、温存手術で乳房に大きなヘコミができた方や、乳房の位置がずれたりして、バランスが悪くなったりした方も、多いのではないかと思います。

装着型人工乳房は、見ていただくとお分かりいただけますが、裏面に“くぼみ”を持たせた商品構造になっております。

この“くぼみ”があることで、温存手術をした乳房の上から、人工乳房を貼り付けることができ、温存手術後の状態を、人工乳房でカバーすることができます。

形状を変えて左右バランスよく装着できます

また、非常に柔らかいシリコンで作られておりますので、ご自分のお胸と左右対称になるよう、形状を変えながら、お肌に貼り付けることができ、本物の乳房に近い感触が特徴です。

形状を自由に変えられる人工乳房 本物のように柔らかい装着型人工乳房

通常サイズの人工乳房では乳房の変形を隠しきれない場合

セミオーダー人工乳房は、乳房の変形をカバーできるよう、ご要望に応じまして、辺縁部(周囲羽根部分)を広くお作りすることができます。

セミオーダー人工乳房で、形状を変更してお作りする場合は、別途料金がかかります。

セミオーダー人工乳房で形状を変更しても、乳房の変形がカバーしきれない場合は、お身体を採寸してから完全にカバーする、フルオーダー(完全注文)人工乳房をお勧めしております。